5月27日(金) 総会、本会議、取材s、来客s、女性の政治参画議連、帰岡、県連三役2016年05月27日

 今日は、9時過ぎに会館事務所に入り、9時半から議員総会に出席しました。冒頭に郡司彰議員会長が、会期末に当たっての所感を述べ、児童福祉法改正案の賛成討論に立つ西村正美さんが決意を述べました。前田武志さんと福山哲郎さんから、特区法案が関連業界に与える打撃につき注意喚起がありました。

 10時から30分ほど、本会議に出席しました。まず熊本地震義援金差押禁止法案につき災害対策特別委員長の説明を聞いて227対0の全会一致で、酒税法等改正案につき財金委員長の説明を聞いて224対1で、総合法律支援法改正案につき法務委員長の説明を聞いて225対0の全会一致で、いずれも可決、成立としました。続いて宅建業法改正案と特定船舶入港禁止関連2件につき金子国交委員長の説明を聞いて、法案を227対0の全会一致で可決、成立とし、船舶2件を225対0の全会一致で承認と決しました。さらに戦略特区法改正案につき神本内閣委員長の説明を聞いて151対75で可決、成立としました。民進党は反対しました。最後に児童福祉法改正案につき厚労委員長の説明を聞いて、西村さんが不十分な部分の鋭い指摘を含めた10分間の賛成討論を行い、226対0の全会一致で可決、成立としました。

 10時40分ころ前川清成さんらと共に参議院事務総長室に行き、中村事務総長に対し、第三者保証禁止の民法改正案を提出しました。私は賛同者になりました。

 11時ころ、会館事務所に戻ると、記者さんが待っており、長い議員任期中の最後となる国会の会期を終わるに当たっての所感につき取材を受けました。先日から同様の取材が続いています。さらに来客応対をしました。昼食を挟み、午後からも取材や来客応対が続きました。取材はやはり、議員としての最後の会期末に当たっての所感です。私の議長時代にお手伝いいただいた大西祥世さんが寄られ、暫時懇談しました。今は、立命館大学の憲法の教授です。14時半過ぎに、行田邦子さんが寄られました。

 15時から1時間、「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」の役員会に出席しました。私は顧問です。行田事務局長の進行で、中川正春会長と野田聖子幹事長が挨拶し、立法化につき協議しました。これまでに理念法と公選法の二つの法案を議論してたたき台をまとめてきており、民進党は両案につき党内手続きを終えましたが、公選法について党内合意に時間を要する政党もあって今国会での提出は困難なため、理念法の提出の検討となりました。しかし、用語についての意見の違いが埋まらず、結論を得る前に私は時間切れで中座しました。

 その後、議員宿舎に戻って荷物を整え、17時前の新幹線で帰岡しました。羽田空港の事故で、東京駅も新幹線も大混雑でした。20時15分ころ、岡山駅に着き、夕食を食べて21時過ぎに事務所に入り、若干のデスクワークをしました。22時から1時間強、民進党岡山県連三役会議を開き、地元課題につき協議し、自宅着は23時半ころになりました。

5月26日(木) 法務委、帰岡、真庭五月会、上京2016年05月26日

 今日は、9時半過ぎに会館事務所に入り、10時から2時間強、法務委員会に出席しました。総合法律支援法改正案の質疑で、真山勇一さんが30分間、ストーカー相談の注意点や熊本地震被災者への適用などにつき質し、他の委員の質問も12時前に終わり、討論はなく挙手採決に移り、全会一致で可決と決まりました。さらに真山さんが全会派共同提出の附帯決議案を読み上げ、同様に全会一致で可決され、法相が所信を述べました。次いで法相から、待婚期間短縮の民法改正案の趣旨説明を聞き、最後に有田芳生さんが全会派共同提出の「ヘイトスピーチの解消に関する決議(案)」を読み上げて提案し、挙手採決により全会一致で委員会決議とすることに決しました。最後はみんなの拍手で散会となりました。

 14時過ぎに空路帰岡の予定が、視界不良で大阪空港に着く可能性有りとの連絡があり、急遽13時前の新幹線で帰岡することにしました。そこで、委員会散会後、直ちに東京駅に急ぎ、昼食はおにぎりとなりました。16時15分に岡山駅に着き、山陽道、岡山道、中国道と高速道路を乗り継いで、17時半過ぎに真庭市久世の会場に着くと、支援者の手作りのお弁当が待っていてくれ、早速いただきました。

 18時過ぎから、真庭市の私の後援会「真庭五月会」の国政報告会を開会し、私の秘書時代に県北を担当していた鳥井良輔県議の司会で、まず柿本健二真庭市議が挨拶し、私が20分ほど国政報告をして後継の黒石健太郎さんへのバトンタッチの必要性を訴えました。次いで黒石さんが15分ほど決意表明をしたところで、 何とサプライズで誕生日の花束をいただきました。そこで全員で記念写真を撮った後に、さらに若干の話をし、19時前に黒石さんを残して中座し、高速道を南下して岡山駅に向かいました。予定より早めに着き、20時10分過ぎの新幹線で上京しました。ホームで偶然、アスリートの有森裕子さんに会って言葉を交わし、東京駅に着いたところで指揮者の大友直人さんに会って挨拶しました。本当に大勢の皆さんにお世話になって来ました。

5月26日(木) 《山を越える》2016年05月26日

 本日から伊勢志摩サミット開幕。日本では8年ぶりのG7だ。オバマ・アメリカ大統領の現職として初の広島訪問が続く。国会は6月1日の閉会に向けて、野党共同の「内閣不信任案」提出が検討されている。私としては二つの懸案が解決できた。一昨日の衆議院本会議で、私が法相として法制審議会に諮問した刑訴法改正案が、ヘイト規制法案とともに、衆議院本会議で可決・成立し、その瞬間を参議院議員傍聴席で傍聴した。昨日の参議院本会議では、平和構築と世界連邦探求の決議案が全会一致で可決し、岸田外相の所信表明が行われた。参議院議長時代にも出来なかったもので、翌日ではサミットのため間に合わなかった。ギリギリのタイミングで山を超えた。因みに「越山」は田中元首相の号だ。

5月25日(水) 総会、本会議、世界連邦、誕生祝、韓国BC級戦犯、国際講演会、全議員懇2016年05月25日

 今日は、9時過ぎに会館事務所に入り、9時半から議員総会に出席しました。郡司彰議員会長が冒頭に、会期末に当たっての奮起を促し、加藤国対委員長と大塚政審会長からそれぞれ報告があって、本会議案件の説明となり、決算委員会の難波獎二筆頭理事が多岐にわたる決算案件の報告をしました。本会議の冒頭で議題となる国連加盟60年にあたり更なる平和構築への貢献を誓う決議案につき、私が指名されて、決議の経緯とその中で言及される世界連邦実現の道の探求につき、説明をしました。

 10時から1時間10分ほど、本会議に出席しました。まず平和構築と世界連邦探求の決議案につき、議運委員長の趣旨説明を聞き229対0の全会一致で可決し、岸田外相の所信を聞きました。次いで日程に入り、平成26年度決算関連6案件と昭和19・20年度朝鮮総督府特別会計等決算につき決算委員長の報告を聞き、安井美沙子さんらの一部反対討論が有って、7回に分けて採決し、内閣に対する警告決議は230対1で、その他も賛成多数で、いずれも可決されました。その後、安倍首相が警告決議につき所信を述べました。続いて日・ドイツ租税協定、日・チリ租税条約と日・インド租税議定書につき一括して外防委員長の説明を聞き220対11で承認とし、さらに特定商取引法改正案と消費者契約法改正案につき地方消費者特別委員長の報告を聞いて231対0の全会一致で、裁判所職員定員法改正案につき法務委員長の報告を聞いて219対11で、銀行法等改正案につき財金委員長の報告を聞いて213対18で、再生可能エネルギー特措法等改正案につき小宮山経産委員長の報告を聞き214対17で、最後に障害者総合支援法等改正案と発達障害者支援法改正案につき厚労委員長の報告を聞き、前者を213対18で、後者を231対0の全会一致で、以上をいずれも可決、成立としました。

 11時半から1時間弱、「李鶴来(イハンネ)さんの自伝出版を祝い、韓国BC級戦犯者問題の早期解決を求める集い」に出席しました。李さんは朝鮮半島出身で、17歳で日本軍の軍属となり、捕虜監視員としてタイに派遣されて、映画「戦場にかける橋」で知られる泰緬鉄道建設現場で働く捕虜の監視に当たり、戦後、戦犯として死刑判決を受けました。「自分たちに、祖国のために死刑を受け入れろというのは、あまりにも不条理だ」と苦しみ、減刑されて1956年に31歳で「スガモプリズン」を出所しました。その時点では、52年の講和条約発効後の措置で、日本国籍はなくなっており、補償や援護は受けられませんでした。その後、国家補償を求めた裁判は99年に最高裁で敗訴が確定しましたが、判決内で立法措置による解決が促されました。しかし、民主党(当時)らが2008年に提出した議員立法は審議されず、李さんは90歳を超えました。

 李さんの話を聞き、出席国会議員が一言ずつ発言し、私も30数年前に倉敷市の永瀬隆さんに誘われて泰緬鉄道の建設現場であるカンチャナブリに行き捕虜の犠牲者の墓参をしたことなどを話しました。日韓議員連盟の河村幹事長もご出席で、議連として立法に取り組む見込みを話されました。閉会後に李さんとがっちりと握手をしました。

 昼食後、会館事務所に戻りデスクワークをしていると、世界連邦日本協会の塩浜修さんらがご挨拶に来られました。13時半から、民進党岡山県連の柚木道義代表、難波獎二副代表と津村啓介幹事長が花束持参で来られ、ちょっと遅れた私の誕生日祝いお茶会をして、地元課題も協議しました。

 15時から院内に入って所用を済ませ、16時から民進党外防合同部門会議と国際局の共催による国際講演会に出席し、米大統領選に関する講演を聞きました。17時から1時間半ほど、民進党本部で、全議員政策懇談会に出席し、参院選のマニフェストにつき意見交換しました。山尾志桜里政調会長がこれまでの取り組みにつき報告し、私も若干の意見を述べました。

5月24日(火) 法務委、国の…、衆院傍聴、都展、柳大使、日弁連、NC閣議、埼玉大、藤田さんら2016年05月24日

 今日は、9時半前に会館事務所に入りてデスクワークをし、10時から11時半過ぎまで、法務委員会に出席しました。委員長席の後ろには、私たちの仲人をしてくれた故・秋山長造さんの肖像画が掛かっていました。裁判所職員定員法改正案の質疑で、小川敏夫さんが20分強、裁判官の員数の変化につき質したほか、他の委員からの質問もあって質疑を終局し、討論はなく、採決に移って挙手多数で可決と決まりました。最後に法相から総合法律支援法改正案の趣旨説明を聞き、散会となりました。

 12時から、国のかたち研究会定例会に出ると、衆議院の方はすっかり解散と衆参同日選の動きとなっているようで、解散の日取りまで具体的に話されていました。13時から有田芳生さんと一緒に、衆議院本会議を参議院議員傍聴席で傍聴しました。真珠振興、確定拠出年金、中小企業、都市再生、特定船舶2件まで進み、法務委員会の葉梨委員長が登壇して、待婚期間短縮の民法改正案、刑訴法改正案とヘイトスピーチ規制法案の委員会審議の説明をし、採決となりました。民法は異議なしで、刑訴法とヘイト法は起立多数で、いずれも可決され、民法は参議院に送付、他2案は成立となりました。その後、傍聴席に来ていた皆さんと一緒に、中庭で写真を撮りました。

 13時45分ころ、「都展」(東京都民美術展運営会)の前田博理事と萩原和雄参事が来られ、今年の都展に対する参議院議長賞の件につき要請を受けました。その後、一緒に神本美恵子さんに会い、来年以降の同賞の件につき橋渡しをお願いして快諾をいただきました。

 15時から、近々離任される柳興洙韓国大使の歓送講演会に出席しました。日韓議員連盟の主催で、まず額賀議連会長と河村同幹事長の挨拶があり、柳大使が約40分ほど、2014年8月に着任して以来の日韓関係の推移につき、駒を追って内幕も含めた講演をしていただきました。お話の冒頭に、直前の衆議院本会議でヘイトスピーチ規制法が成立したことに触れ、象徴的な意味を持つもので、「私へのプレゼントだ」と冗談を交えて喜びを語られました。10分ほど、フロアーからの発言もあり、16時に終了して全員の拍手でお見送りをしました。

 16時過ぎに会館事務所に戻ると、日弁連の斉藤芳朗副会長と道あゆみ事務次長が待っておられ、総合法律支援法改正案につき要請を受けました。

 17時から短時間、民進党岡田『次の内閣』閣議に出席しました。冒頭に岡田克也代表の短い挨拶があり、議事の冒頭に「わが国の国連加盟60周年にあたり更なる国際平和の構築への貢献を誓約する決議(案)」の審査が行われ、長島昭久ネクスト外務大臣に続いて私が内容の説明をし、了承をいただきました。いわゆる世界連邦決議で、明日の参議院本会議で議決する手筈が整いました。

 18時前から1時間ほど、埼玉大学の加藤基客員教授の学生たちが国会見学に来た帰りに寄ってくれ、懇談しました。皆、国際活動に興味を持っており、既に留学経験があったり、今後の留学予定が具体化していたりで、内向き志向と違う活力に感心し、私自身の海外経験を話しました。19時過ぎから、藤田一枝さんらと鍋を囲みました。2時間で食べ放題でした。

5月23日(月) EUIJ、決算委2016年05月23日

 今日は、11時過ぎに会館事務所に入り、11時半から1時間強、藤本祐司さんのお誘いで、EUIJ早稲田(European Union Institute in Japan 早稲田大学)主催の国会議員・研究者意見交換会に出席しました。「EUはいま」というランチミーティングで、早稲田大学の岡澤憲芙名誉教授と中村英俊教授のお話を聞きました。昼食をいただきながら、まず中村さんの「イギリスとEU・ヨーロッパ:6月23日国民投票を前に」という話を聞いて意見交換し、次いで岡澤さんの「非武装・中立国家・スウェーデンの選択:NATO加盟への動向」という話を聞きました。残念でしたが、次の日程のため、12時40分に中座しました。

 12時50分から17時半前まで、決算委員会に出席しました。まず会計検査院長の報告と麻生財務相の平成26年度予備費関係等3件の説明があり、平成26年度決算ほか2件の締めくくり総括質疑と昭和19年度と同20年度の朝鮮総督府特別会計等決算と予備費関係3件の質疑を一括して行いました。最初に小泉委員長から安倍首相に15分ほど質問があり、自民党の次に足立信也委員が、ALSの当事者との会話につき質問しました。同じ時刻に厚労委員会で、日本ALS協会の岡部宏生副会長の参考人質疑が行われていました。さらに経済や財政と国民の意識、熊本地震の対策と放射線被曝の影響等に付き質問しました。その後も質問が続き、16時45分過ぎに質疑終局となりました。

 そこで委員長から、警察捜査、個人番号カード、NHK、公立学校管理、スポーツ振興センター、都市再生機構、燃費試験など8項目の内閣に対する警告決議案の朗読があり、磯崎哲史さんら3人が一部反対討論をして、起立採決に移りました。平成26年度予備費2件、同年度国庫債務負担行為と同年度決算は民進党は反対でしたがいずれも起立多数で、内閣に対する警告決議と措置要求決議はいずれも全会一致で、平成26年度国有財産等計算書と同年度無償貸付計算書は民進党は反対でしたがいずれも起立多数で、朝鮮総督府等決算は民進党も賛成して起立多数で、最後に朝鮮総督府等決算の審査措置要求決議は全会一致で、いずれも可決されました。その後、関係する10人の大臣と最高裁事務総長から決議に対する発言があり、最後に会計検査院への検査要請を決定して、散会となりました。

5月23日(月) 《「志」動》2016年05月23日

 父・三郎の命日と私の誕生日が重なった昨日、昼食休憩無しで、地元岡山で弾丸企画を敢行した。8時前から始動し、10時30分から県北の「美作地区五月会総会」を開催し、南下して13時から江田憲司代表代行を迎えた民進党岡山県連結党大会に飛び込んで顧問に就任。14時から「江田五月会総決起集会」を行い、河原昭文五月会会長が黒石健太郎後援会会長に就くサプライズに続いて江田五月株の譲渡(寄付)も行った。最大の目玉は講談師・神田紅さんによる「黒石健太郎物語」の初上演。健太郎青年を先頭に「志」と刻まれた黒い石を握りしめた老若男女が、一丸となって安倍政治を打ち負かすという痛快話だ。その後、書作を仕上げて記者懇で口角泡を飛ばし、上京。さあ「志」動の時が来た。

5月22日(日) 庭、津山事務所開き、県連結党大会、五月会決起集会、道文会錬成会、ケーキ、記者懇、上京2016年05月22日

 今日は、私の誕生日で父の命日でした。7時45分に自宅を出る際に庭を見ると、初夏の眩い陽光の中で、雑草が生い茂っていました。この夏は大好きな草むしりをする時間はありません。諦めです。

 8時から15分ほど、富山学区スポーツ少年団ソフトボール交歓大会の開会式に出席しました。岡山市内の近隣11団が参加で、立派な選手宣誓も出来ました。この学区は、黒石健太郎さんの生まれ育ったところで、彼は富山小学校に入学しました。因みに私の義父もここの卒業生です。尤も卒業は100年ほど以前で、学校の歴史も130年くらいだと思います。役員の皆さんらに挨拶して退出し、県北に向かいました。

 9時前に私と黒石健太郎さんの両方の後援会の会長を兼ねる河原昭文さんを乗せて北上し、10時半前に、黒石さんの第3区津山事務所に着きました。吉井川のほとりで、川原の石に五位鷺(ゴイサギ)が羽を休めていました。事務所の窓の「民進党」は、私の揮毫です。

 10時半から1時間、200人を超える皆様とともに、事務所開きを行いました。小野陽子さんの司会で、河原さんが冒頭挨拶をし、私が30分間、「政治の品格とは何か」という講演を行い、過去40年を振り返りながら政治に何が必要かを話しました。次いで出席の地方議員らの紹介の後、黒石さんが10分強の力強い決意表明をし、真庭市の柿本健二市議による事務局からのお願いがあって、頑張ろう三唱で気合いを入れて締め括りました。その後、一般道を南下して、岡山市に戻りました。

 昼食を食べる間もなく、12時半からの民進党岡山県連常任幹事会には間に合わず、13時からの同結党・第1回定期大会に飛び込みました。100人を超える代議員にご出席いただき、大会構成手続きなどに続き、柚木道義県連代表が、続いて党本部の江田憲司代表代行が、それぞれ挨拶し、来賓として武本社民党県幹事長と大森雅夫岡山市長の祝辞をいただき、議事に入って役員選挙、顧問承認と規約改正を行いました。私は引き続き県連顧問に就任しました。最後に役員と顧問が紹介され、全員で頑張ろう三唱をして、13時50分に閉会となりました。

 14時から1時間強、江田五月会総決起集会を行いました。120人を超える皆さんがお集まりで、鳥井良輔県議の司会で、冒頭に江田憲司代表代行が挨拶をしてくれ、続いて河原昭文会長が開会挨拶をし、私が特別ゲストの神田紅さんを紹介しました。そこから神田さんの講談「黒石健太郎物語」となり、 熱演に皆聞き惚れました。原作者は私です。勇気を貰ったところで、私と妻が前に出て参院選に望む決意を込めた挨拶をし、黒石さんが力強く決意を述べ、黒石さんに江田五月株を譲渡しました。河原さんが黒石後援会の会長就任の挨拶をし、全員で頑張ろう三唱で締め括りました。

 16時前に、はだか祭りで有名な西大寺観音院に着きました。かな書道の小野玲華さんが会長の道文会の錬成会で、皆さんの作品を講評しているところに割り込んでご挨拶をし、展覧会に出品する作品を「紙飛行機」と揮毫しました。暫くして帰ろうとすると、何と誕生日ケーキが出て来て、7と5の数字のろうそくまであり、火を点けてみんなで「ハッピーバースデー」を歌ってくれました。一息で消したあと、記念写真を撮りました。

 17時半前に事務所に戻ると、大勢の女性応援団のみなさんが作業の最中でした。そこで早速、いただいたばかりのお誕生日ケーキを切り分け、みんなでいただきました。大好評でした。

 18時から2時間、地元の記者の皆さんと民進党県連メンバーとの夕食懇談会を行いました。若い記者さんが12人もお集まり下さり、最初に私が挨拶して乾杯の音頭を取り、記者の皆さんの自己紹介をいただき、柚木道義県連代表、黒石健太郎副代表兼参院選候補予定者ら民進党出席者が順次自己紹介し、大いに飲み放題に挑みながら口角泡を飛ばしました。ここでも誕生祝いをいただきました。私は20時に中座し、新幹線で上京しました。超特急で過ぎた一日でした。

5月21日(土) 岡弁総会等、取材、揮毫、連合岡山意見交換会、同懇親会、黒石選対2016年05月21日

 今日は、9時に自宅を発って岡山弁護士会館に行き、まず9時半から30分ほど、岡山弁護士協同組合(http://www.zenbenkyo.or.jp/cooperative/okayama/)の通常総会に出席しました。松井健二理事長の挨拶に続いて通常の議事が行われました。

 次いで10時から、岡山弁護士会(http://okaben.or.jp/)の定期総会に出席しました。冒頭に熊本地震の被災者に黙祷を捧げ、議長選出などに続いて、今年度の水田美由紀会長の就任後初の挨拶がありました。さらに新入会員の挨拶があり、会員の国会議員の国政報告として、私が最初に初当選から40年を振り返りながら、特に今国会での成年後見、ヘイト規制、刑訴法改正案などにつき、現職議員として最後の報告をしました。次に山下さんの国政報告があり、議事に入りました。昨年度の会務報告、決算と監査報告が了承された後、今年度の予算につき詳しい説明があり、特に事務費につき様々な発言があり、最終的には圧倒的多数で了承されました。その後、30年勤続表彰があり、12時45分ころにやっと終了しました。

 そこで事務所に急ぎ、13時から14時半前まで、新聞社の取材を受けました。国会閉会に当たり、今国会で任期を終わる感想等を聞かれました。その後、昼食を食べ、15時から2時間弱、依頼されていた揮毫をしました。

 17時から1時間半、連合岡山の三役、同組織内議員、協力議員と民進党三役との意見交換会を行いました。黒石選挙を目前にして、熱心な議論が行われました。その後、18時40分から20時過ぎまで、同じメンバーで心合わせの懇親会を開き、胸襟を開いた議論をしました。さらに20時半過ぎから22時まで、黒石選対三役会議をしました。

5月20日(金) 総会、本会議、取材、西サハラ、帰岡、通夜2016年05月20日

 今日は、9時過ぎに会館事務所に入り、9時半から議員総会に出席しました。冒頭に郡司彰議員会長が、残り僅かになった会期の出口にしっかりと取り組むこと、新たに決まったロゴマークをみんなで育てることと、安倍首相の自らを「立法府の長」とする発言は許しがたいことを述べ、所定の議事を進めました。最後に北澤俊美さんが、参院選比例区での野党協力の進め方につき発言しました。

 10時から30分強、本会議に出席しました。まず衆院選定数改定等の公選法改正案につき前田委員長の報告を聞いて152対81で、次いで地球温暖化対策推進法改正案につき環境委員長の報告を聞いて153対79で、いずれも可決、成立としました。民進党は、前者については衆議院で対案を提出していたので、後者については必要な措置が含まれていないので、いずれも反対しました。続いて個人情報活用等関係整備法につき総務委員長の報告を聞いて216対17で可決、成立とし、最後に刑訴法等改正案につき法務委員長の報告を聞き、共産党議員の反対討論があって、216対15で可決し衆議院に送付しました。前国会に衆議院で修正議決されて送付を受けているもので、参議院の議決が会期を跨いでいるため衆議院の採決が必要なのです。その後、統治機構調査会とデフレ脱却調査会の各調査会長から、それぞれの調査報告を聞きました。

 11時前から30分ほど、通信社の記者から、最後の国会閉会に当たり長い国会議員生活を振り返っての感想につき、インタビューを受けました。まだまだ現職議員としての大仕事が残っていますが、折角の要請ですから受けました。

 11時半から30分強、西サハラ問題に取り組んでいる平田伊都子さんがアルジェリアのアミン・ベンシェリフ大使と来られ、外務省担当者も同席して、最新の同問題に関する動きを聞きました。国連の潘基文事務総長が西サハラを訪問したことにモロッコが抗議をしたそうですが、10日ほど前に安保理で両者の話し合いを促す決議が採択され、90日という期限も切られているそうです。日本もこの決議に賛成をしており、西サハラ支援の皆さんから日本が両者の話し合いのテーブルを作ることを要請され、私もこれに賛意を表しました。西サハラからの民族衣装のプレゼントをいただきました。

 昼食後、13時半過ぎまで会館事務所でデスクワークをして東京駅に急ぎ、14時過ぎの新幹線で帰岡しました。途中で妻から連絡が入り、古くからの支援者の松島俊男さんのご母堂が今朝、他界されたとのことでした。そこで、17時半前に岡山駅に着き、妻とともに倉敷市のご自宅に直行し、18時半ころにお通夜にお参りさせていただきました。享年99歳。合掌。

 その後、岡山市に戻って妻と外食で夕食を済ませ、21時半ころ帰宅しました。